もはやスパサカは・・・・今更な話題だけど言うよ。

こんばんわ、自分はJリーグが好きな人間なのでサッカー番組はなにかとチェックしてるのですが。

TBS「スーパーサッカープラス」 スパサカと呼ばれ愛されてきた番組が死んだ。

最近のスパサカ、今シーズンからの日曜日にホンジャマカの恵氏が総合司会をしていた野球番組と合併して始まった「S☆1」名義になってからのことです。

結論を言うと

内容がとてもひどくなってしまいました。心象風景的には「むごくて目も当てられないくらいに」悲惨な状況なんです。

まず開始から番組を支えてきたプロデューサーが外されました。これは何かの会議で成績低迷、赤字続きのTBSが保有するプロ野球球団「横浜ベイスターズ」の株式について放出するように発言したからとのことです。

そして出演メンバーも変わりました、試合VTRでナレーションを担当していたアナウンサーとアシスタントの加藤未央が外されました。新たに加わったのはTBSのアナウンサー2人です。アシスタント的な女性アナの桝田あけみは加藤氏と小倉氏の会話中に入り込んでブッタ斬り早く次へ移ろうとするし、カメラで映っているかぎりでは、どの場面でも話を切りたくて仕方がない様子です。打って変わって日曜日の恵氏との野球版S☆1では満面の笑みでニコニコで嬉しそうに進行していきます、さすが野球観戦が趣味の人間、以前サッカーをしていたというがコレは嘘でしょ?もう一人の男性アナは試合VTRの担当ですが選手名を間違えるしダメ。とにかく両アナウンサーとも噛みます。加藤未央から代わったのに別方向へまるで宇宙開発したのかの如くな印象ですごいグレードダウンしました。

内容のこと。

もとは45分番組で最初の30分はサッカーを放送して残りの時間(約15分)をその他のスポーツにしていたのですが、改変で30分番組になって内容がサッカーだけならとても嬉しいのですが真逆なことに、サッカーを削りもともとのいらなかった他スポーツの15分をぶち込んできたのです。サッカーは10分前後になりVTRの内容もスカスカ、順位表もなしでコメントも言えず、J2は無し。時間が押しつぶされたのに新たにニュースを報道室から読み上げる時間ができたのです。

ここで番組の流れを説明します。

OP→Jリーグ→野球、フィギィア、ゴルフ、ビーチバレー、テニス→ニュース→海外サッカー情報→ED

放送時間が繰り下がり各試合のVの編集がじっくりできて番組の質が上がるかなと思っていた自分は打ち砕かれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)